家の売買価格の決定方法

不動産会社に家を売る相談をして、すべて任せるするだけではおそらく成功しません。売り主として、高く家を売る為にしっかりとその意識を持つ事が大切です。不動産会社と一緒に頑張るという気持ちを持つようにしましょう。

査定額家を売る時の価格の決定の仕方について、先述したように不動産会社に査定額を算出してもらい、その額を元に、売出価格を決定します。
その後、買い主が現れた場合には、交渉を重ね、最終的な売買価格が決定することになります。
つまり、査定額の算出に始まり、売出価格を設定し、最終の売買価格が決定するという流れです。
これを見れば、最初の査定額がその後の売買価格に大きく影響してくることがお分かりいただけると思います。

査定額は不動産会社によって提示額が大きく異なる場合があります。最低提示額と最高提示額に、10%以上差があることも多々あります。では、売り主として、どのように判断することが正しいのでしょうか。
高い査定額を提示した不動産会社に任せた方が良いと考えがちですが、実は、極端に高い額を提示する場合には、注意が必要です。実際には売れもしないような額を提示することで売り主の気を引き、契約を結びたい一心である可能性もあるからです。